22.VMwareESXiを試す3 USBメモリーブート(12/08 12:23)


どうやらハードが認識しないという人は結構いるらしい。
USBにインストールしてUSBブートも良いみたいw

まぁUSBにインストールしたからといってサポートしていないNICを
認識するようにはなるわけ無いんですが諸々の問題を回避する手段としては良いかも...

ということで早速ブートできるUSBをWindowsマシンで作成。
ブートUSBの容量は780Mくらいらしいので1GのUSBメモリがあればOK。

特に難しいわけではないらしいが。

VMware ESXiを試す1で作成したCD中の「INSTALL.TGZ」を適当なフォルダにコピーする。
でその「INSTALL.TGZ」を解凍する(Winrarで解凍したけど何でも良い)
「sbin」と「usr」というフォルダができる。
更にその解凍した「usr」→「lib」→「vmware」→「installer」の中にある
「VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_3-123629.i386.dd.bz2」を解凍する。
すると「VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_3-123629.i386.dd」ができる。
このddファイルをDDforWindowsでUSBメモリーに書く 。

ということらしい。

非常に解りやすい参考サイト
USB メモリブートする VMware ESXi 3.5 を作成する


じゃぁ早速やらなきゃ気がすまない。仕事場で使っているマシン(借り物)で実験。
HPのdc7600(多分これ)でUSBブートしてみると...
普通に起動!ディスクもNICも認識してるw
ちなみにNICはBroadcom。

やっぱりRAIDは諦めるとしてもNICはオンボードでいきたい。
新たにマシンを自作しようと思っていたんだけど...
動確が取れないんじゃリスク大きいし、金額的にも結構いきそう。
DellのInspiron 530から外したCore2Duo E4600がそのまま売らずに
残っているので何とか使いたいし。
メーカーの安売りサーバー機も半端な安さじゃないですね。
NECのExpress5800/110GeなんてNTT-X Storeで12800円ですよ!
何回ポチりそうになったかw


22/101

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.25