メイン | Fly Fishing »

2008年04月23日

●BSCSデジタル放送

ついに自分の手元にデジタル対応のテレビがやってきましたw
といってももらい物ですが...
早速視聴してみると...おお!キレイ!

このテレビで今まで見ていたアナログはやっぱり見る気がしないです。

実は我家はCATVなんですが民放と東京系列とBSと一部CSが視聴できます。
約20チャンネルくらいでしょうか?
でもこれはアナログの話。
デジタルはは民放のみ6局しかCATVでは見れません。

BSとCSを見るにはSTB(セットトップボックス)を別途購入しなければなりません。
そのSTBのお値段約4万...高いorz
テレビの台数分買うんかい?
ケーブルテレビの存在価値がかなりダウンですね。

2011年までアナログを見ていりゃぁいいんですがね。
ちなみに家はケーブルテレビの配線を各部屋に10分配しています。
子供が大きくなれば将来的には10台もありえるんですが...
で、現在6台のテレビが稼動していて3台は地デジ対応テレビ。
先のことも考えてどうなるか解らないSTBの購入はやめました。

家はプチ大家族なんですねw
祖母、両親、自分の妹、嫁、子供と4世代の同居なんで仕方ないですが
今回親父からの要望もありBSとCSのデジタルを見れるように動きました。

新築したときからアンテナなんか立ててなくて(この辺りはほとんどの家がCATV加入)
ケーブルテレビのみなので現状維持で別途BSCSデジタルのパラボラを設置することにしました。
2011年にアナログ放送が終了したとき、CATVがどういった対応をするのか
わからない状態なのでそれまでの対策っていうことで...

いくつかのエントリーに分けてその様子を紹介したいと思います。
俺も今までテレビ関係はアナログのまま止まっていたので同じ境遇の人には
是非参考にしてもらいたいですね。


●とりあえずBSCSデジタル対応アンテナを調達

そうと決まったら早速アンテナを調達。
田舎の大手量販店では通販の値段の約1.5倍位します。

とりあえずamazonでポチっとしました。
このワンクリック購入は便利w

南側がベランダで障害物も無いのでベランダ設置を前提にします。
屋根にアンテナがあってベランダ金具が必要ない人はアンテナのみ購入の方が
安く上がります。

迷いましたが東芝のがベランダ取付金具セットで一番安かったので決定。
安いアンテナは性能的にはどれも同じかと思いますので好みで...

で、実際に届いたのがこちら

なかなか安っぽいw
アンテナに高級感はいらん。でも楕円形でちょっと良いかも。
早速組み立ててみる。


さて、この田舎からBSCSデジタルは受信できるのか?
それが一番問題。

●BSCSデジタルアンテナの取り付け

では、ベランダに取り付けてみる。
ベランダ取付金具は場所を決めていきなり固定して大丈夫。
これ、あまり強く締めるとステーが曲がってどんどん締まっていくのでほどほどに。

取付金具とアンテナ部はあとで調整があるので左右上下に動くように緩めに閉めておく。
(黄丸と青丸部分)

上下の角度はあらかじめ自分の住んでいる地域での角度に合わせておいてもいいかも。
ちゃんとアンテナにはメモリと角度が表記されてる。


特に問題なく取り付けOK。布団を干すにもじゃまにはならなそう。
これは重要。嫁さんに毎回文句言われるから特に気を使いました。


●BSCSデジタルアンテナの角度調整

このままでは受信できないので微調整をします。
南西の方向に向けて1番電波の受信状態のいい場所を探します。

ベランダの窓から同軸ケーブルを直接テレビに接続してテレビ側の受信レベルを見ながら
数値の高いところを探しました。テレビまでの距離がある場合は2人でやった方が効率的ですね。

ゆっくり根気よくやるのがコツです。
左右を調整できたら、一旦固定してから上下を調整するのも
いいかもしれません。とにかく少しずつ動かしましょう。

テレビで表示している受信レベルは実際の電波のレベルとは別なのであくまで目安。
うちでは55でした。ひとまず受信できたので一安心です。
アンテナの方向が変わらないように注意してネジでちゃんと固定して終了。

アンテナ線を2階の屋根裏へ入れます。
何のためらいも無く穴を開けれるタイプの人はうらやましい。まだ築5年
ということもあり俺はためらっちゃいますw  俺ってちっちゃいなorz
8mm程度の穴なら簡単にふさげると自分に言い聞かせて
一気にいきました。

勝手に穴を開けれない借家や集合住宅の人とかは平たいサッシの隙間に挟める
ケーブルもあるので壁に穴を開けなくても窓のすき間から引き込めます。
いずれ必要になる細かい部材なんかもamazonでポチっとしてしまいました。


●BSCSデジタルアンテナ混合

2階屋根裏へのケーブルの引き込みまで無事に終わりました。
残るはCATVケーブルとの混合です。

ここでの心配は...
CATVのホームページに「BSは混合しないで別配線でお願いします」
と書かれていたこと。素人の考えですが物理的に周波数が違うので
問題は無いはず...
多分トラブル防止のために書かれているだけと判断しました。
ちなみに「USEN」は周波数が重なるため絶対に混合しないでください」
となっています。

もう一つ。
BSCSデジタル用のブースターをどうするか?
家は10分配しているので多分あったほうが良いのではないかと思っています。
それとBSCSアンテナには電気を供給しないと動作しないので
電気を供給できるブースターを付けてそこから供給した方がいいかと。
そうでないと、テレビ本体から電気を供給することになりそのテレビの電源が
入っていれば他のテレビでもBSCSが映り電源を切ると映らないといった
問題がでてしまう。

全端子電通型(全部の端子に電流が通過する)の分配器であれば
そういった問題は起きないんだけど今家に付いている分配器は
一つの端子のみ電通するタイプなので買い換えるより
ブースターからの供給のほうがいいかなと。

で、とりあえず実験用に混合器を付けてみました。
実験に使うテレビまでの電気の供給に注意して配線。
バッチリ映ります!!CATVとの混合の問題はクリア。
電波のレベルも変化無しの55です。

残るはアンテナに電気を供給できるタイプのブースターの設置です。
ブースターが要らない場合はブースターの電源部だけをつければ
アンテナへの電気の供給のみできます。
電波が強すぎても弱すぎても問題があるみたいなので
ブースターの取り付けは環境によりますね。

●BSCSデジタルアンテナ混合 問題発生!

ちょっと問題発生。
2階の屋根裏の分配器の手前に混合器とブースターを
取り付ければいいと思っていたんですが、分配器の
線の数がおかしい?
1階は4本2階は6本のはずですが6分配器が付いている。


試しにこの分配器のケーブルを抜いてみると2階は当然映らない。
1階は...映ってるorz
嫌な予感的中!
どうやらCATVの引き込み→保安器→1階分配器→2階ブースター→2階分配器
となっているらしい。なんじゃそりゃ!たのむよ電気屋!

家を建てるとき配線してもらってるんですがこの時の電気屋がなかなかのツワモノ。
引っ越してきて最初の夜、炊飯器のスイッチをONしたら火花と煙が...
なんと100Vのコンセントに200Vを配線したりした怪しげな電気屋。

ひとまず保安器の捜索から。
1階の外壁の分電盤の中で発見!
ここには保安器のみで分配器は無い...ケーブルは再度家の中に...


続いて1階の分配器の捜索。これがどうしても見つからない。
まさか壁の中?いまどきそんなことは無いだろうと1階屋根裏の点検口
とかを探しまくるが無い....
結局工務店に聞いてみた。が、しかし普通は2階の屋根裏にありますとのこと。
だから無いから聞いてるんじゃん!
そしたらしばらくして工務店から電話がかかってきました。
その怪しい電気屋に聞いたらしい。
200V繋いで炊飯器燃やしたりブースター付け忘れて文句言われたりしたから
きっと覚えていたんでしょう。
どうやらユニットバスの上にあるらしい。
まったくノーマークだったユニットバスの点検口を外すと


あった!
難しいことしやがって!電気屋!2階にまとめろよ。
家の引渡しから5年近く経っているので今更文句も言えず。
こりゃぁどうやら保安器と1階の分配器はジャバラの管を使ってなさそう。
直接壁の中で固定されてる模様。

今更仕方ないので分電盤のなかにブースター兼混合器を設置するしかなさそう。
急遽BSCSのケーブルを1階の分電盤に...
ここはケーブルテレビの引き込みに使っているジャバラの管が
分電盤まで行っているのでそこに通しました。

ジャバラ管の中にケーブルを直接通してうまくいきそうなら良いんですが、
どこかに引っかかったりして上手くいかない時はピアノ線の先を丸めて通すと楽です。
ピアノ線の最後に同軸ケーブルを巻きつければGoodです。


●CATV/BS/CS用ブースター取り付け

CATVとBSCSの電源分離タイプのブースターも探したんですが結構高い!
BSCSの電波的にはブースター無しでもいけるんじゃないかと思う気持ちもありますが
アンテナへの電気の供給を考えると最低でも電源部だけは欲しいし。
ちなみに電源部だけのマスプロのWP7という製品がデジタルにも対応してるんですが
6600円くらい...

ヤフオク探してたら 日本アンテナのSRB-28Sが7000円弱ででていたので迷わず
調達しました。今使っているCATVのブースターとチェンジすれば電波が強すぎても
アッテネーター機能も付いてるし電源部のみを買ったと思えばいいかなと。

今まで使っていたCATVブースターと実験で使った混合器は今回は不要になります。
電流の通過が関係なければ分波器として使用できるのかなぁ?

で、いよいよブースター兼混合器を設置。分電盤の中に100Vのコンセントが無いので
電源部は切り離し1階の屋根裏に設置することにします。

BSCSアンテナからとCATVからのケーブルをそれぞれ接続し、1階分配器への
ケーブルと接続します。


ブースター電源部を1階屋根裏に設置します。分配器に接続する前に入れました。


さてさて一通り配線が済んだので各デジタル対応のテレビで電波の状態などをチェック!


おお!やりました!問題なく映ります。
これでやっとBSとCSのデジタル化が完了しました。
2011年には現在契約中のケーブルテレビがどんな対応をするのか
解りませんが(多分STBの使用は前提)解約も含めて要検討です。

でも、BSCSに関してはアンテナをテレビに直接接続したレベルと
ブースターを経由したレベルとほとんど一緒。
ちょっと意味が解らないけどロスが少なかったことでしょうか?
全てのチャンネルがキレイに映るので問題ないですが...

STB3台分の12万と自分でやったアンテナ設置と配線作業代くらいは
浮きましたね。アンテナ設置を業者に頼むと2万くらいするのか?
まぁ貧乏に変わりはありませんが...