« 部屋の壁の穴(石膏ボード)の修理その2 | メイン | 部屋の壁に穴が開いた DIY修理方法(壁紙再利用) »

2019年01月12日

●部屋の壁の穴(石膏ボード)の修理その1

準備するもの
【準備するもの】
・接着剤 コニシG10もしくはK10(今回はK10使用)←強度的に重要です
・パテ(補修剤)(セメダインかべパテを使用)
・木材(裏板用)厚さ9mmから15mm、幅と長さは穴の大きさにより調整
・石膏ボード
・マスキングテープ
・紙ヤスリ200番~500番位
・カッター
・ノコギリ
・ヒモなど

【あればさら便利】
・壁紙専用カッター
・カベ紙押さえローラー

あとは一般的なラジオペンチとかハサミとかあるとGoodです。
デザインナイフやカッターの刃などは100均でもいいのでこまめに新しくしたほうかきれいに仕上がります。
更に壁紙専用カッターがあれば言うことはないです。
接着剤ですがどちらでもOKだと思いますがK10を使用しました。接着力といい作業のし易さといいモンクなしです。ちょっとお気に入りの接着剤です。

石膏ボードですが定尺は1820*910とかのサイズになりますので切り売りがあればそっちのほうか運搬も楽です。厚さも一般的には12mmと9mmとありますので自宅で使用されている石膏ボードの厚さを確認してください。仕方なく1枚ものを買ってきましたがあまって困ってます。

裏板にする木材ですがあまり薄いとしなってしまうので、しならない程度の厚さがあれば大丈夫。写真の板は厚さ9mm幅30mmです。長さは穴の大きさによって調整してください。小さい穴なら割り箸も応用できます。





トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yunayuna.net/mt/mt-tb.cgi/138

コメント

ブログ、拝見しました。
ウチも石膏ボードが割れて、今回、壁紙の張り替えのついでに直したいと思っています。
その余っている分、まだありましたら、30×30cm位、譲っていただけませんか。お値段、送料ともご相談させていただければ。
DIYセンターで売っているものは自分には大きすぎ。運んだり扱うのも大変そうです。
問題は、穴が壁の真ん中ならまだしも、ベランダに向かって垂直方向の壁で、片側と突き当たった部分なんです。裏の木をどう渡そうかと思案中。

コメントする