« 部屋の壁の穴(石膏ボード)の修理その1 | メイン | Xmailで携帯キャリアとの送受信できない問題 »

2009年01月12日

●部屋の壁に穴が開いた

築5年にして早くも?壁に穴が開いてしまいました。穴の大きさはざっと6cm*8cmくらいでしょうか?犯人は息子(当時小6)...カカト落しが決まったらしい。しかもリビングの目立つ場所に...理由はいろいろあるかと思いますがぽっかりと開けてしまうこともあります。今の部屋の内装は石膏ボードの壁にクロス(壁紙)が一般的ですが子供がキックやパンチしただけでも結構簡単に穴が開いてしまいますね。過去に自分も開けた事ありますが(^^;


石膏ボードに開いた穴を修理する場合、基本的にはボード1枚貼り替え(1820mm*910mm)でクロス(壁紙)も壁一面くらい貼り替え。ボード1枚の金額は数百円だし問題ないんだけど問題になるのはその上に貼るクロス。通常1年~2年ほどで新規製品に入れ替わってしまうため同じ模様のクロスの入手が困難。人気のクロスで長い間製造されていたとしても部屋に貼ってあるクロスの変色などで同じ色とは限らなかったりするし。

同じクロスの入手が無理な場合貼り替える部分だけ別の模様のクロスにするか部屋全体のクロスを貼り替えることになる。そして業者に依頼することになると思うんだけど出費が...自分で何とかしようとホームセンターなんかで売っているそこだけツギハギするやつ貼ってみたり、そこに絵を飾って隠してみたり...とまぁあまりうまくいかないかと(^^;

ここ数ヶ月間暇を見ながら石膏ボードもクロス(壁紙)も貼り替えずコツコツ修理したものが完成したので、ちょっとだけ難易度は上がりますが自分でそこそこごまかせる方法を紹介しようと思います。まぁプロではないので参考程度にしてください。簡単な日曜大工程度なので穴がぽっかり開いたままよりよっぽどいいと思いますよ。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yunayuna.net/mt/mt-tb.cgi/139

コメントする