« VMwareESXiを試す5 VMware Infrastructure Clientインストール | メイン | VMwareESXiを試す7 イメージファイルからコンバート »

2008年12月14日

●VMwareESXiを試す6 物理サーバからコンバート

ここで本来なら新たにOSをクリーンインストールして仮想サーバーを作ればいいんでしょうけど自分にとって最大の魅力である物理サーバーの仮想化を試してみたいなと。。

なので新規インストールはちょっとすっとばして、すでに別で動いているサーバーを仮想化して丸ごと入れ込もうと思います。P2Vってやつですか。まぁ手っ取り早くってことで(^^;

方法はいくつかあるんだと思いますが...
今回テストしたいのは

1 仮想化させたい物理サーバーにVMware ConverterをインストールしてVMwareESXiにコンバート。

2 物理サーバのイメージファイルをサポートされているバックアップソフトで作成しそのイメージファイルをコンバート(バックアップソフトはAcronisTruImageを予定)

まず、VMware Converterをダウンロードします。
マニュアルもついでに。

VMware Converterダウンロード
http://www.vmware.com/jp/download/converter/

VMware Converterマニュアル
http://www.vmware.com/files/jp/pdf/VMware_Converter_manual302_ja.pdf

2003serverにダウンロードしたんでそのままインストールしてこのサーバーをコンバートしてみることにします。インストールは指示の通り。

VMware Converterこんなかんじ


ウィザード形式で進めば2003serverを停止することなくコンバートしていく。これって何気にすごいですw左上の「Convert Machine」でウィザードを起動


「Physical Computer」を選択


「This local machine」を選択


仮想上に作成するDiskのサイズ等を選択


ESXiに入れ込むので「VMware Infrastructure Virtual Machine」を選択


ESXiのIPアドレス、User name、Passwordを入力


仮想上での端末名を入力


サーバーを選択


Diskを選択...やっぱりExpress5800/110Gdのマザー(GA-5MMSV-RH)のオンボードRAIDは認識していないみたいだ。別のストレージになってる。


NICの数を決めます


VMwareToolにチェック。これが無いとなにかと不便なので...これでコンバート。


最終確認して「完了」


コンバートにかかる時間はボリュームによって増減する模様でたいしたボリュームのない2003serverは一服している間にあっさり終了。約20分。警告もいくつか出てますが...

早速仮想化された2003serverを起動。何度か再起動して問題なく動いているっぽい。コンピューター名やIPの重複には要注意。


ちなみにマウスカーソルがコンソールの画面の中から出れなくなった場合は「Ctrl」+「Alt」。VMwareToolがうまく入っていない?時が何回かあったので要注意。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yunayuna.net/mt/mt-tb.cgi/134

コメント

こんにちは!私の名前はシャンテBormuthです。私は、ウイルス駆除ロックされたコンピュータを探しています

コメントする