« VMwareESXiを試す8 | メイン | 部屋の壁の穴(石膏ボード)の修理その5 »

2008年12月25日

●VMwareESXiを試す9 構成情報のバックアップ

ここでひとまずUSBにインストールしてあるESXi本体のバックアップ。USBが飛んだらどうにもならないので...
VMware Infrastructure Clientと同様で管理マシンにインストールして使うVMware Infrastructure Remote CLIを使えばOKらしい。。。ちなみにインストールに時間がかかるが異常ではない..と思う。
これをインストールするとPerlも入ってしまう。入れたくない人は仮想マシンに入れるとかしたほうがいいかも。

入手はこちら
http://www.vmware.com/jp/download/vi/drivers_tools.html


簡単な流れ
・インストールしたらCommand Prompt を起動、「cd bin」で移動

・vicfg-backup コマンドを入力
例:vicfg-cfgbackup.pl --server <ホスト名かIPアドレス> --username root --password -s

・実行(Saving firmware configuration to ...で完了)

・バックアップファイルの確認(インストールされているVMware Infrastructure Remote CLIの中の「bin」に出来上がっている

リストアは...
http://blog.yunayuna.net/2008/12/vmware_esxi3.htmlここで作った新規のUSBを挿してESXiを起動

Command Prompt から
例:vicfg-cfgbackup.pl --server <ホスト名かIPアドレス> --username root --password -l

リブートしてyesで完了


参考
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd07.nsf/jtechinfo/SYJ0-030AB4F

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yunayuna.net/mt/mt-tb.cgi/146

コメント

こんにちは!私の名前はフロリダSulikです。私は、ウイルス駆除、ロサンゼルスを探しています

コメントする