« WHR-G54をブリッジにして無線化 | メイン | PR-200NE無線化SC-32NE高! »

2007年03月25日

●自宅サーバを死活監視する

以前から考えていたんだけど、死活監視ってしてます?
通常の業務系に使うサーバは普通にしてるけど自宅サーバはみなさんどうしてるんでしょう?

たまにサーバがうまく動いていないことなんかあって「あれっ?」ってことないですか?
家はたまーにあるんですよ。メールサーバ調子悪いときとかが。
週1でタスク使ってリブートさせてる事が原因のこともあるんでしょうけど...
うまくサービス上がってない事とか(^^;
サーバが24時間365日停止しないようにするのは重要ですがそれよりも停止してしまっていることを知ることのほうが重要だったりします。

毎日起動をチェックするにしたって限界があるし...
なんつっても面倒だし!

WEBはまぁ諦めるにしてもメールはちょっと困ってしまう。
どうやって監視しようかと昔から考えていて、サーバが1台じゃ自分で自分を監視しなきゃいけない?サーバが落ちたときは当然死活監視も落ちる?これじゃ意味ないジャン!!
なんて思っていたんです。で、たまたま検索してたらなんと無料でやってる外部サービスがあるじゃないですか!多少の制限はありますが自宅サーバなら十分です。えらく感激しました。あるんですね!すばらしい!

株式会社シーマン サーバー監視サービス

新規登録から必要事項を記入(ログイン後変更可能)してユーザ登録するとパスワードが送られてくるのでログインできるようになります

kanshi1.JPG

監視したいサーバのIPとポートにチェックを入れて「入力内容の確認」 ボタンを押せば設定は反映されます。
一時的に止めるスケジュールも設定できますね~

kanshi2.JPG

ためしにメールサーバのサービスを止めてみました。
おぉ!死活監視メール届きました。復旧させたら復旧メールもちゃんと来ましたよ!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yunayuna.net/mt/mt-tb.cgi/17

トラックバック

» 自宅サーバの死活監視(24時間 365日) from Linuxと暮らす生活
何ということか!!! 年末の大掃除からメールサーバ(smtp , pop3)が停止していた。 理由は大掃除のときにネットワークケーブルが抜けたようだ。 (... [Read More]

コメントする